「株式会社ノースペット」製造ペットフードのお詫びと回収のお願い

いかがだったでしょうか? 今回の件で健康被害にあわれたワンちゃんや猫ちゃんたち、そしてその飼い主さんたちは本当につらい思いをしているかと思います。 もちろん同じ工場で作られている商品をだ。

今回の事件も、法律上問題がないから、自社基準も生活用品扱いで通していたため、 熱処理の基準などがなく、細菌汚染されてしまったんですね。 サルモネラ菌による食中毒は、食品衛生法に基づき、 診断後24時間以内に保健所に届ける必要がありますし、 腸チフスやパラチフスは2類感染症ですので、 こちらも保健所に届けなければいけません。

ペットからサルモネラ菌に感染?サルモネラ症とその予防法を知りましょう。

ちなみに、この商品は、サルモネラ菌が検出されてからは販売を一切中止していますので、ご安心ください。 原材料も衛生管理も「ヒューマングレード」の考えを事業者は持つべきだと考えます。 生活クラブ連合会の8月の発表などによれば、組合員から19年1月、「(同商品から)変な臭いがする」と苦情が来た。

18
また、ペットフード安全法の「製造の方法の基準」には「微生物を除去するのに十分な効力を有する方法で行うこと」との記載がありますが、どんな方法を使い、どれくらいの温度で何時間加熱するのかなどをは何も具体的には記されていません。

ペットフードから「サルモネラ菌」、犬15匹死亡で会社謝罪 別商品でも検出の疑い: J

生活クラブ連合会の発表によれば、生産者による微生物検査によって、対象商品からO7群というグループのサルモネラ菌が検出されたそうです。

今回、亡くなった15匹の多くは高齢や病気がちであったため、ペットフードとの因果関係はわからないとしていますが、基本的にどの年齢であっても、どんな状態であっても、おいしくて安全に食べられることがペットフードのあるべき姿だと考えます。 現状ではペットを守れるのは飼い主だけである。

ペットフードから「サルモネラ菌」、犬15匹死亡で会社謝罪 別商品でも検出の疑い: J

商品の出荷は停止され、現在は第三者機関に検査が依頼されています。 B to Bのビジネスをやっているので、利害関係を優先したのでしょうか。

4
商品からサルモネラ菌などが検出された原因はいまだ特定できていないが、「もともと存在していたサルモネラ菌が生き残っていたんじゃないか」(担当者)と、加熱処理が不十分だった可能性を示唆した。 食品の安全性確保のため、 飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止することを目的としています。

サルモネラ菌ペットフード問題を適法に縁座制で処刑する → 株式会社ノースペット代表 , 兼松株式会社の代表

まとめ 世間ではたびたび食品管理や衛生について、問題になりますよね。

12
まあそんな会社の思惑なんてどうでもいいですが、僕はこの会社に一片たりとも信頼を寄せることがなくなりました。

サルモネラ菌がドッグフードに入っていたらどうなるの?!安全なドッグフードの選び方は?

みみりんさんの「二度とこのような事件を起こさないように」といった考えに全面同意しているので記事をまとめました。

3
生活クラブでも食品ではなく生活用品と位置付け、細菌基準はなかったが、「生活クラブ自主基準において、ペットフードも加工食品と同等レベルの微生物基準を設定する検討を早急にすすめます」としていた。 HACCPとは安全で衛生的な食品を製造するための管理方法のひとつです。

「株式会社ノースペット」製造ペットフードのお詫びと回収のお願い

どんな味がするのか、食感はどうなのかと自分で食べてから与える飼い主もいるほどです。 というのも、 2001年にアメリカの研究者らによって、犬のぶどう中毒が報告されたからです。

5
私たち人間が食べても問題がない新鮮な材料を使って自分で作る。 (変更後) *班・個別配送では、9月4日(水曜日)配達分以降、㈱ノース・ワン製品の配達を中止します。

ノースペット社、グッディで炎上!ペットおやつにサルモネラ菌混入!死亡事故も!

嘔吐・吐き気• ノースペットの対応の流れ 6/1に一度、生活クラブの品質管理部門の部長とノースワン(ノースペット)と営業部長が一緒に、謝罪に来た。 また、念のため、当該製造日以降に生産した全ての製品の出荷も停止しております。

6
うちも30年くらい前にシーズーを飼ってた事がありますが、人間が食べてるものを欲しがり、つい、野菜炒めに入ってる肉なんかあげようとすると母が. 生活クラブが2019年8月19日に公式サイト上に載せた組合員向けニュースによると、組合員59人が飼う計68匹のペットに嘔吐や下痢などの症状が出た。 サルモネラ菌には約2,500種があり、O7群にはO4群やO9群のような強い毒性はありませんが、子犬(猫)や老犬(猫)、病気などで免疫力が落ちている場合に、健康障害を発生する可能性があり、このO7群のサルモネラ菌が今回のペットの健康被害の要因になった可能性があります。